睡魔と戦う日常

ブログに書きたい事を書きたいように書いてます!

転職活動!〜たかがトイレ、されどトイレ〜

こんばんは。銀次郎です。

ブログのアクセスありがとうございます。

 

本日は銀次郎の転職活動編です!

 

【銀次郎の後悔】

以前お話しした内定を頂いた件ですが👇

sleep1108.hatenablog.com

先日、辞退しました(笑)転職活動編続きます!

 

そして内定辞退の連絡をした後、めちゃめちゃ後悔しました😅

もう少し上を目指せるかなと思い、辞退をしましたが、

実は内定を頂いていた企業は銀次郎的に割と好きな業種でした。

 

好きなことを仕事にすることは意外と難しいです。

数年前の就活や今回の転職活動を通して改めて実感しています。

今回の決断は後悔していますが、この決断をもう振り返りません。次のステップへ向けて走り出します🏃

 

好きなことを仕事にすることは素敵なことです。
ですが、仕事になったことで、それが嫌になってしまうこともあります。

仕事選びは難しいですね!

銀次郎は今、選択肢があるだけでありがたいです!

 

転職活動編まだまだ続きそうなので気になる方はたまに「睡魔と戦う日常」覗いてみてください。

 

【お手洗いの話】

銀次郎、先日とある田舎で一番の職員数という企業の一次試験を受けに行きました。

そこで感じたことがありましたので報告します(笑)

 

試験はその企業の本署で行われたのですが、会場に着いてからお手洗いに行きました。

そこのお手洗いは、排泄物などで汚れていてニオイも気になり、朝一のお手洗いなのに不衛生な印象でした。

 

銀次郎が何を言いたいかというと、

採用試験で外部利用者がいることがわかっているのに、トイレが汚れていても気になって掃除をしようという職員が一人もいないのか...

ということです。

 

採用側ということで企業側が上の立場であろうと、「トイレが清潔である」なんてことは当たり前すぎる相手に対するマナーだと思います。

マナーというか常識です(笑)

 

その企業の底が知れてるな...

 

生意気かもしれませんが、そう感じてしまいました。

 

実は銀次郎、今の職場は採用の担当部署ですが、採用試験時には、そういったことは当然、気を付けています。

来てもらった方に少しでも良い印象を与え、良い人材が入ってきてくれたら嬉しいですし、今は、悪い印象はすぐ大衆に周知される時代です。

 

試験の有無にかかわらず、今の部署もその前にいた部署も、一人一人が誰に言われることもなく、気がつけば清掃していましたし、キレイに使うよう普段から心掛けていました。

 

勿論、職員とは別に清掃員もいます。

だから自分たちは汚しても掃除しない。そういう考えの人はごく僅かでした。

 

採用活動をしている企業の方はちょっとしたことですが少し気にかけてみてはいかがでしょうか。

 

何気ない事ですが気になったのでここに一筆させて頂きました(笑)

 

ちなみに銀次郎がトイレの話をするのは2回目です(笑)

気になる方はこちらもチェック✔

sleep1108.hatenablog.com

 

【最後に一句】

お手洗い 門前払い ここは無い

 

優秀な人材もトイレ一つがきっかけで内定を辞退するかも...😮

今回もちゃっかり韻ふみました(笑)

 

この川柳いいと思ったらスターと読者登録お願いします👇

 

ではまた次回😈