睡魔と戦う日常

ブログに書きたい事を書きたいように書いてます!

SFと言えば~PSYCHO-PASS/FFⅦ~

今週のお題「SFといえば」

 

ブログのアクセスありがとうございます。

金次郎と銀次郎です!

今週のブログのお題は、『SFといえば』です。

SFの定義は、なかなか難しいですよね(笑)語ると、詰めてくる人もいるかも・・・(怖)

そんな感情でも、私たちのSF作品を紹介していきます(-ω-)/

 

【金次郎のSFといえば】

もともと金次郎は、SFアニメなど好きなものは有りませんでした(笑)

しかし、この作品は金次郎が好きと言える作品になります。

 

PSYCHO-PASS サイコパス

正直お話、しっかりとあらすじを書いて感想を書こうと思いました。

私がこの作品を見た理由がたまたまNetflixにあったからです。

その為、本当になにも概要・内容など知らずに見た作品になります。

もしかしたら私と同じ人がいるかもしれない。あえてあらすじを書きません(笑)

この作品、いつの間にか10話が見終わっている。この現象はなんだ(笑)

初めてここまで、夢中になり鑑賞していました。

多くの考察ができ、さまざまな感情になる作品になります。

ふらっと見てみたブログ。偶然書いてあるSF紹介。

かなり浅く書いている感想ではありますが、本当におすすめです。

本当においしい物を食べた時に、おいしいしか言えない。そんな感じです。

かましいですね(*_*)

 

【銀次郎のSFといえば】

SFといえばやはりこれです!

数年前にリメイクされ世界中で話題になりました!

FFⅦファイナルファンタジーⅦ)』です!!

 

銀次郎の『FFⅦ』との出会いは小学生の頃になります。友達の家で、『FFⅦACファイナルファンタジーアドベントチルドレン)』を観たのが始まりです。

FFACは全てCGで作られたFFⅦの映像作品です。

この時代にこんなにリアルなCGグラフィック作品が作れるのか!

と衝撃を受けたのを覚えています。

というのも、今でこそ当たり前のCG、バーチャルですが、十数年前には髪の毛一本一本の細部までリアルに再現された動くCGというのは非日常的なものでした。

日本の技術の進歩には圧巻です。

 

銀次郎はその時、FFⅦというものを認知していなかったのですが、数年後たまたま目に入って買ったゲームが『CCFFⅦ(クライシスコアファイナルファンタジーⅦ)』です。

ここで、クラウドに再開するわけです⚔

この時初めて、銀次郎は【コンピレーションオブファイナルファンタジーⅦ】というFFⅦに関連する作品群の存在を知ることとなります。

ここからはもう、のめり込むようにはまっていきました。

ちなみに銀次郎の押しは、主人公クラウドでも、ライバルのセフィロスでもありません。

 

「夢を抱きしめろ、そしてどんな時でもソルジャーの誇りは手放すな!」

 

そう、ザックスです!

男らしくて、どんなときも前向きなところに憧れます。

クラウドとは正反対の性格ですね(笑)

 

FF(ファンタジー)シリーズはどの作品も大きなくくりでいえばSFと言ってもいいかもしれませんが、その中でも特にSF要素の強いFFⅦはSF史に残り続ける作品ではないでしょうか。

 

【最後に一句】

・金次郎

たまにはさ あらすじ頼らず 直観で

口コミやあらすじを頼らないで、直観で進めるのが結構好きです(笑)

 

・銀次郎

レディースに 興味ないねと 捨て台詞

銀次郎もあんなクールにキメてみたい(笑)

 

この川柳いいと思ったらスターと読者登録お願いします👇

ではまた次回😈